もっと熱くなってみる?

海外旅行を終え帰国。働かねば。。

「ドナウの真珠」ことハンガリー・ブダペスト おすすめ観光スポット(ブダ側)を紹介するよ

f:id:hiro1991blog:20170809182112j:plain

 

ハンガリーの首都ブダペストはブダ・オーブダ・ペストの三つが合併してできました。

前回は、その内の東岸ペスト側の観光スポットを紹介したので、

 

hiro1991.hatenablog.com

 

 今回は西岸ブダ側の紹介をしていきます。

 

オーブダも西岸なんですけど、どのあたりなのかは分からなので、細かいことは気にせず西岸をブダとしておきます。

 

 

自由の像

f:id:hiro1991blog:20170809185028j:plain

f:id:hiro1991blog:20170809185154j:plain

f:id:hiro1991blog:20170809185523j:plain

 

小高い丘の上にこういった像があるのは定番ですけど、そこから見渡す街の景色は一見の価値がありますね。のぼるのは割としんどい。

 

ここで特に気になったのが自由の像の脇にある銅像

f:id:hiro1991blog:20170809191218j:plain

 

むむむ!

 

f:id:hiro1991blog:20170809192116j:plain

 

 

ぶつぶつやないか!!!

 

 

おしりにガムはダメだぜ、ブラザー...

 

 

「この銅像、やけにおしりぶつぶつやけど...元からそういう仕様か。」

 

 

みたいな勘違いしちまうよ。

 

これはこれで見どころのひとつ...かな...

 

 

ブダ城

f:id:hiro1991blog:20170809214208j:plain

f:id:hiro1991blog:20170809214336j:plain

 

さすがにお城なだけあって造りがすごいです。遺跡のように基礎だけが残っている部分なんかもあります。

 

図書館も併設されていたので入ってみたものの、ぼく以外の観光客は誰ひとりとしていなかった...中はひっそりと静まり返っていて、歩き回っていることすら申し訳なくなるレベル。

 

 

漁夫の砦

f:id:hiro1991blog:20170810221214j:plain

f:id:hiro1991blog:20170810221427j:plain

 

ブダペストの街並みを一番きれいに眺められるのはここ。らしい

 

実際のところ、それホンマですか?と疑いたくはなったけど、眺めがいいのは確か。

 

すぐ横にある教会や、その周辺、城下町は雰囲気も良くて、このあたりでゆっくり食事をとるのもグッドだと思いますよ。

 

 

国会議事堂

f:id:hiro1991blog:20170810222706j:plain

f:id:hiro1991blog:20170810222603j:plain

f:id:hiro1991blog:20170820143127j:plain

 

ブダペストといえばこの国会議事堂のイメージが真っ先に浮かぶと思います。

 

実際は東岸のペスト側にあるんですけど、対岸からだと全体をキレイに観れるのでここで紹介しますね。近くからだと大きすぎて全体像がいまいちわからないんで。。

 

内部に入るには、横に併設されているビジターセンターからのツアー参加します。

 

昼・夕・夜とで、印象が全く異なるので、どの時間に観ても楽しめます。

 

ぼく的に国会議事堂を眺めるのに一番おすすめできる場所は、このあたり。

 

 

ドナウ川に沿って走るトラムの線路すぐ横に遊歩道があって、ベンチも比較的多く設置されています。ぼくはそのベンチに腰掛けてぼーっと国会議事堂を眺めてました。

 

f:id:hiro1991blog:20170815141857j:plain

 

 

マルギット島

f:id:hiro1991blog:20170810222102j:plain

f:id:hiro1991blog:20170810222136j:plain

 

ドナウ川に浮かぶ島。

 

噴水ショーがすごくキレイで、色んな音楽に合わせて水の動きに加えて色も変化するんですよ。曲はブラームスなどのクラシックからビートルズまで色々です。

 

夏限定とのことなんで、そこは注意ですね。そして行くなら夜ですね。

 

Webサイトがハンガリー語のみなので、英語に翻訳してみるとdailyとは書いてありましたが、毎日なのか週末だけなのかはわからないです。時間としては朝の11時から夜の10時までです。

 

 

一応地図も。

 

 

 

キレイなヨーロッパの街並み、愛想のいいハンガリー人、物価の低さなど、魅力の詰まった街でした。ただその辺を歩き回っているだけでも十分過ぎるくらい面白い。

 

ぜひ機会があれば一度訪れてみてもらいたい場所です。

 

 

今日の一曲

Feels Like Summer/Weezer

 


Weezer - Feels Like Summer (Official Video)

 

夏ですしそれっぽい曲で。

Weezerの曲はハズレがなく全部おすすめ出来ますね。

 

 

「ドナウの真珠」ことハンガリー・ブダペスト おすすめ観光スポット(ペスト側)を紹介するよ

f:id:hiro1991blog:20170715055059j:image

 

海外旅行を終えて帰国しました、ばたきちです。

 

関西空港を出て最初に感じたことは、「湿気がすげーな」でした。

 

「汗がベタつく不快感、これはこれで...ありだな(ニヤリ」とも思いつつね。

 

とっととシャワー浴びてべたつきとその気持ち悪さ洗い流してこいや。ってな話なんですが、やっぱり日本の夏は湿度の高さがハンパないんだなあと改めて実感。

 

 

さてさて、ヨーロッパ旅行に行くかたも、まずはイタリア、ドイツ、フランス、イギリスなどのメジャーな国を行き先として選ぶのがほとんどで、東欧諸国にはなかなかスポットライトが当たりづらいかと思うですが、ハンガリーの首都ブダペストは非常にすばらしかったです。

 

なぜぼくがブダペストに行ったかというと「ブダペスト」の響きがいいから。

 

 

 

...あるある。

 

 

 

伝わるかなー、この響きの良さ。

 

 

それともうひとつ。ぼくのフェイバリット映画と言えばあの名作!!

 

『Before Sunrise』!!

 

日本版タイトルはビフォア・サンライズ恋人までの距離(ディスタンス)~

 

じゃないですか!!!!なんですよ!!!!

 

 

そのヒロイン、セリーヌは自分のおばあちゃんが住むブダペストを訪ねた後、母国フランスへ帰る列車で主人公ジェシーと出会うんです。

 

 

 

だったらブダペスト行くやん!

 

 

 

てなノリで行ったんですけど、想像以上にいい街だったので、

 

ブダペストではここを押さえておきたい!

 

という場所を紹介していきますね。

 

多いので、ドナウ川の西岸ブダ側と東岸ペスト側をわけて、今回はペスト側から。

 

 

聖イシュトヴァーン大聖堂

f:id:hiro1991blog:20170806170224j:plain

ハンガリーの初代国王イシュトヴァーン1世にちなんでこの名がつけられた。

 

展望台からは街をきれいに見渡すことができるのでおすすめ。

f:id:hiro1991blog:20170806180151j:plain

 

定期的に夜間コンサートが行われているようで、ぼくの行った時もちょうどオルガンコンサートがあったのでチケットを購入し鑑賞。オルガンの生演奏を聴くのは初めてでしたが、教会内特有のものなのか、音の反響がすごく、いい体験ができました。

 

たしかチケットは30ユーロ程だったかと。

 

ハンガリーの通貨はフォリント(HUF)ですが、レストランなどでもユーロでの支払いが可能なところは多々あります。

 

教会前の広場も文字通り広く、多くのカフェやレストランに囲まれています。

セグウェイを乗り回す人、刺繍を売り歩くおばちゃん、犬の散歩をする人などたくさんいるので、カフェからゆっくり眺めているだけでも楽しいです。

 

昼と夜で雰囲気が大きく違うので昼夜の2度訪れるといいかも。

セーチェーニ鎖橋

f:id:hiro1991blog:20170806180932j:plain

f:id:hiro1991blog:20170806183126j:plain

f:id:hiro1991blog:20170806181143j:plain

 

完成当初はその建築様式から「鎖橋」という名前だったけど、この橋を建造する発起人だった貴族で政治家のセーチェーニ・イシュトヴァーンの名をとってセーチェーニ鎖橋と呼ばれるようになったみたい。この次に紹介するセーチェーニ温泉も彼の名前を冠している。

 

写真ではわかりづらいけど、確かに鎖みたいな見た目だった。

 

夜は特にキレイ。

 

 

セーチェーニ温泉

古代ローマ時代から2000年の歴史を持つ、温泉天国

参照:http://guide.travel.co.jp/article/22214/ 

 

ここ自分で写真撮ってなーーい!!

 

だって温泉にカメラ持ち込むのはどーなん?みたいなところもあったし、独りのアジアンガイが写真撮りまくっとるのは、不可抗力とはいえ写りこむ人たちもいい気はしないでしょ。

 

入場するまでは

 

「水着美女はいねが…水着美女はいねが…ハアハア」

 

と目を血走らせていたぼくでしたが、カメラもスマホもぼくのは防水じゃないから写真は無理やな、と。

 

 

「だったら目に焼き付ければいっか」←

 

 

と結論付けて、純粋に(?)温泉を堪能してきました。

 

水着美女の写真を心待ちにしていた人には申し訳ない。。お詫びにアメちゃんでもやろか?男梅やで。クエン酸は大事やで。

 

 

ここはヨーロッパ最大の温泉といわれてます。

 

水温は約36度でかなりぬるめ、そして、水着を着用して入るんで、感覚としては温泉というより温水プールに入っている気分。

 

写真は中庭部分で、ぬくぬくだらだらできる温泉です。

名物であるチェスをするおじさんも見れて満足。

 

その奥、中央には学校にあるような長方形のプールのような温泉があり、水泳キャップをかぶれば、普通に泳げます。がっつり泳いでいる人も多数。

 

あれ、温泉ってこんなガチで泳ぐところでしたっけ?ゆっくりして疲れを取るもんじゃなかったっけ?とは思ったけど、そんな無粋な言葉は飲み込みつつね。そもそも喋る相手もいないしね!!

 

 

この中庭を囲む建物内には、更衣室、サウナ、そして室内温泉などがある。

 

室内の温泉は、リアルテルマエロマエ(読みづらい)で壮観だった。

ご高齢の方々がインストラクターに倣って温泉でエクササイズをしていたのもある意味壮観だった。

 

温泉につかってサウナに入ってとぼくとしては結構ゆっくりしたけど、トータルで2時間あれば十分満喫できるかな。

 

 

ブダペスト中央市

f:id:hiro1991blog:20170806233419j:plain

 

かなり大きい。

1階は食料品、2階は雑貨類と分かれている。

 

f:id:hiro1991blog:20170806234017j:plain

 

驚いたのがこれで、最初、唐辛子かと思ったけど実は唐辛子だった。

 

ではなくてパプリカだった。

 

f:id:hiro1991blog:20170806233902j:plain

 

とみせかけてやっぱり唐辛子だった。。

 

知らなかったんだけど、パプリカって唐辛子の一種なんすね。ハンガリー料理にパプリカは欠かせないらしく、そこらじゅうでこういった乾燥パプリカをみかけた。

 

お土産を買うのには適した市場かなと思う。

 

 

ケレぺシ墓地

f:id:hiro1991blog:20170809212639j:plain

f:id:hiro1991blog:20170809212819j:plain

 

観光スポットとは言えないけど、広大な敷地の墓地。

歴史を感じる趣で、場所によっては遺跡のようにもみえる。

 

墓標がズラッと並んでいるのを想像していてんだけど、大きく違っていて、墓石と石像がセットになっていたり、原っぱのなかにパラパラと無作為に建っていたりする。

 

 

今日はこの辺にして、

ブダペストのブダ側もまた紹介します!

 

 

最後に

今日の一曲

 

Amsterdam/Nothing But Thieves

 

Amsterdam

Amsterdam

 

www.youtube.com

 

他にも「Wake Up Call」などいい曲が多いバンドです。

 

ドバイの沈まない太陽とでっかい人工島

f:id:hiro1991blog:20170726190456j:plain

 

夕方、ドバイ国際空港に到着して、宿に向かう電車から外を見てたんですよ。街並みと夕日がキレイだなと思って写真をとりました。

それが次の写真。

 

f:id:hiro1991blog:20170726214408j:plain

 

キレイなのは間違いないんだけど、何か違和感があるような。。今まで見てきた日没の風景とは何かが違う。いや、はじめて訪れた国の風景にそう感じるのは当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、それとは別の何かがあるような。

 

この写真からほんの10~15分にびっくりして撮ったのがつぎの写真。

 

f:id:hiro1991blog:20170726214415j:plain

 

 

太陽が消えた・・!?

 

 

まだあの高さにあった太陽が10分15分で沈むか?いやないでしょ!!

 

写真を見て分かる通り、本来、太陽があるであろう場所は灰色で何もない。そしてその上のあたりが、ぼうっとしたオレンジ色に染まっている。

 

 

 

太陽のことと並行して、電車内でもう一つびっくりしたことがあって、

 

車窓から、遠おぉぉ~~~くに「Burg Al Arab(バージュ・アル・アラブ)」っていう有名なホテル(一泊最低15万円~)のシルエットが霞がかってみえたんです。

 

※参考画像

https://i.ytimg.com/vi/y49klU63WBA/maxresdefault.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=y49klU63WBA

 

え?どっちがBurg Al Arabかだって?

 

 

 

手前に決まってるやん!!

 

 

 

この曲線美からして明らかやん!!

「俺たちのBurg Al Arab」やん!!

 

 

 

...はい。それでね、

 

こんな遠おぉぉぉ~~~~くから見えるってどんだけどデカいんすか。。って話ですよ。

 

見え方からして、そこまではかなりの距離があるなーなんて思いながら、ぼーっとしてると、その後、割とすぐに、Burg Al Arabの姿がはっきりと見えてくる。

 

 

え、思ったより近くないか!?

 

 

という二つ目の驚き。

 

 

 

どういうことだってばよ。。サスケェ...

 

 

 

 

 

 思うに、どちらとも舞い上がった砂によるところなのかなと。

 

砂がなくてクリアに見通せていたら、ホテルだって最初から、シルエットだけじゃなく、はっきりと見えていたはず。

 

太陽に関しては、沈んでいくにしたがって、(見かけ上)地表に近づいていくにしたがって、自分と太陽のあいだにある砂の量も増えていくから、砂で見事に太陽が隠されてしまったのだと思う。

 

それってすごくないか!?

 

夕日とはいえ太陽の光を完全に遮るほどの砂が舞い上がっとるってことでしょ。とんでもねーな。 

 

 

 

f:id:hiro1991blog:20170729221813j:plain

 

話しは変わって、ドバイの有名なものとして、世界最大の人工島群パーム・アイランドがある。

 

ぼくが訪れたのはその中のパーム・ジュメイラという島なんだけど、実際目の前にするまでは「まあ言っても人工島やん?」となめてた。

 

からの実物を見ると、

 

 

お、おっきい....(///

 

 

でしたもん。

 

まじでこれを人の手で作ったの?

もともとは海だったところにこれを?

 

ぶっとんでやがる。。

 

 

モノレールに乗って島の一番先までまっすぐ行くことが出来るんだけど、それに乗って間近にすると、よりバカでかさがわかる。

f:id:hiro1991blog:20170729224656j:plain

f:id:hiro1991blog:20170729224718j:plain

 

この安定した陸感。

 

今回の旅行で一番異国だと感じたのはドバイかもしれない。

良くも悪くも面白いところだった。

 

 

 

 

今日の一曲。

 

7/Catfish and the Bottlemen

 

UKロックが好きなんですけど、この曲はドストライクでした。 

7

7

 

 

www.youtube.com

 

ドバイに行くなら夏は避けるべき!想像を軽く超えてくる猛暑!


f:id:hiro1991blog:20170714055653j:image
 

 

現在ドイツのミュンヘンに滞在中、ばたきちです。

 

旅程としては

 

フィリピン

シンガポール

ドバイ

ハンガリー

オーストリア

ドイツ←今ここ

 

なんですが、それぞれの国に関して書きたいことが書きたいことがいっぱいあり、今回はドバイに関して書いていきます。

 

 

原油の産出国として潤いに潤っているドバイ。

 

 

ぼくも、これでもかっ!とばかりに潤ってきました。

 

 

 

汗で。

 

 

 

潤ったのは肌の表面だけで、内側はカラッカラになりましたよね。

 

学生時代はずっとサッカーをしてたんですけど、当時の真夏の試合でもこんなに汗はかかなかった。 

 

 

ドバイが暑いことは重々承知して行ったんですけど、その遥か上でしたね。

 

 

ドバイ国際空港に到着したのは夕方で、そこからドバイメトロという自動運転の電車とトラムを乗り継いで宿まで移動しました。

 

ここで良かった点としては、空港から外に出なくても直接メトロの駅に行けたのと、下車したメトロの駅からトラムの停留所までも連絡通路で繋がっていたことです。

 

 

問題はそこからで、トラムの停留所から出た瞬間ムワっとした(関係ないけど『むわっとした』を変換しようとしたら『無WaTした』が候補に出てきてフフってなった)熱気のすごいこと。日はすっかり沈んであたりは暗くなっているにもかかわらずです。

 

 

 

夜でもこの暑さ…やばくね?

 

 

と当然思います。そしてやっぱりヤバいことに違いはなかったです。

 

 

 

次の日の朝、この日はドバイに住んでいる友達と会う約束をしていたので、11時頃に宿を出ましたが、その時の体感としては「昨日の晩より暑さマシじゃない?」ってくらいで、依然暑いんですけど、まだいけるってくらいでした。

 

 

その後、友達と合流し世界最大のモール、The Dubai Mallでごはん食べたりブラブラ。

 

からの、ぼくがブルジュ・ハリファ見たかったので外に出ましたが、

 

 

 

 

30秒で中に戻りました。

 

 

 

 

酷暑ここに極まれり!といえる暑さ。

 

友達と、まだ無理だなとの合意でUターンしました。

 

 

これは翌日のですけど天気予報のスクショがこれ。


f:id:hiro1991blog:20170714045541j:image

 

体感温度57℃…だと!?

 

太陽光が痛い、ジリジリくる暑さとは別物で、例えるなら

 

日本の真夏に雨が降ったあとに晴れて、蒸発した雨がモワっとくるのが「1モワっと」として、「50モワっと」が通常運転でくる感じ。

 

 

でも砂漠のような荒野のような土地なのに、なんでカラッとした暑さじゃなく、ああも蒸した暑さなんでしょうか?

 

海が近いから海水が蒸発して、その空気が陸側に流れてきてるんですかね?

 

 

ぼくが、外国に来るとこういうところが面白いな。と最近気づいたのがこういったところで、何か見たこと感じたことの理由を自分で考えて仮設を立ててみるってこと。それが正しかろうが誤りであろうが。

 

 

なんか意識高い系っぽい?まあまあ落ち着け。

 

 

初めての土地に来ると意識してなくても、何かしら気づくことはあるし、考えてしまうことってあります。

 

それをただ軽く流してしまうんじゃなくて、メモをとるなり、もう少し深く考えてみて胸に刻んでおくのって大事なんだと思います。

 

 

え?より意識高い系ぽいって?

 

 

 

 

そりゃ意識して意識高い系ぽい文章書いとるからね!!

 

 

 

 

冗談っぽくしましたけど、そう思ってるのはホントです。

 

 

 

 
f:id:hiro1991blog:20170714055739j:image

 

また話はズレますが、先程名前を挙げたブルジュ・ハリファ。MI4でトム・クルーズが壁を走ったことでも有名ですけど、アルファベットでの綴りが、

 

『Burj Khalifa』

 

なんですよ。

 

わかりますかね?「K」が入っているんです。

 

 

つまり、『ブルジュ・リファ』なんですよ!

 

メトロの駅もブルジュ・ハリファ前にあるんですけど、到着前の電車内のアナウンスもはっきりと『ブルジュ・カリファ』と言ってましたもん!厳密に言うと『ブルジュ・カリー(⤴)ファ』でしたもん!

 

 

なんで日本語にした時、『ハリファ』にしたんでしょうね?

 

今の時代に聞き間違いで誤って伝わったとかないでしょうし。謎です。

 

 

 

 ※7/14追記

ちょっと気になって調べてみると、アラビア語だと khalifa の発音は「ハリーファ」でいいような雰囲気ですね!

 

それで、英語の発音だと「カリファ」「カリーファ」。確かにあの『See You Again』の人もWiz Khalifaでウィズ・カリファですもんね。

 

ちなみにKhalifaでグーグル検索するとラッパーのWiz Khalifaに続いて出てくるのがMia Khalifaという女性。あえて多くは語りませんが、興味のある方は調べてみてください。。

 

 

 

なんやかんや話は飛び飛びになりましたけど、一つ言えるのは、夏にドバイ行くのはやめとけ。ということです。

 

外に長時間いられなくて、まともに観光もできないですから。

 

行くなら冬がいいみたいですよ。

 

 

 

最後に今日のオススメの一曲!

 

 Khalidの「Young Dumb & Broke」

Young Dumb & Broke

Young Dumb & Broke

  • Khalid
  • R&B/ソウル
  • ¥250

 

ジャンル的にはR&Bになるんですかね?

こういう音楽も以前は聴かなかったけど最近は好きになってきました。この曲はその中でも耳に残るし取っ付きやすいです。

 

Khalid - Young Dumb & Broke (Audio) - YouTube

フィリピン留学をする人向け。フィリピン人の友達とうまく付き合う方法

f:id:hiro1991blog:20170703151050j:image

 

最近はフィリピン留学なんかでフィリピン人と友達になる人も多いはず。

 

フィリピンも日本と同じアジアとはいえ気候、風土、文化などは全く違います。

 

 

ここで「ゆうても同じアジア人だし、友達になるとか余裕っしょ!」とかいうやつには口いっぱいに※バロットを詰め込んでやるとして、

 

※フィリピン料理。孵化しかけのアヒルの卵をゆでただけ。グロい。料理とは呼べない。

バロット‏ - بحث Google‏

 

 

フィリピン人と関わるにあたってバロットよりも先に口に!じゃなくて頭に叩き込んでおくべきこと、イロハのイ!!

 

 

イ:友達になること自体は簡単。

 

え?となりますけどフィリピン人は基本明るくってフレンドリーなので、すぐ仲良くはなれます。

 

加えて日本人、韓国人が(最近はベトナム人も多いらしい)フィリピン留学する理由ってだいたい一対一の英語の授業が受けられるからです。

 

そんなフレンドリーな先生と一対一で週に5時間、もしくはそれ以上話していれば、そりゃ仲良くなりますよね。

 

 

ただその後、仲良くなれば当然「ごはん食べに行こうよ!」「飲みに行こうよ!」となりますが、そこででてくる問題がイロハのロ!!

 

 

ロ:約束は守らない

 

「じゃあ土曜の何時にあの場所集合ね!」

 

と約束するじゃないですか。すると彼ら、

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ来ないんですわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これとの関連でイロハのハ!!!

 

 

ハ:時間にルーズ

 

来ても時間に遅れてくるのがデフォルト。

 

これを『フィリピンタイム』だ!だとか言ってごまかしてきます。彼らと連絡が取れているにしても、

 

 

今むかっている=家を出る用意をしている

 

あと10分で着く=到着は20~30分後

 

 

と解釈して問題ないです。

 

 

 

 もうひとつ。イロハニホヘトのニ!!(あんま考えずに書き始めたからニまでいった)

 

ニ:ハナから期待しない

 

これに尽きます。

 

 

つまりフィリピン人と約束した時は、それが破られて当たり前くらいのスタンスでないとイライラしてしんどいので、期待値は極限まで下げておきましょう。

 

加えて、バックアッププランまで用意できれば、あなたはもう上級者です。そんなあなたにはバロットを進呈したいですね!

 

 

約束を守らせる手っ取り早い方法としては、一日の授業終了後にそのまま一緒に出かけることです。

 

 

 

日本人の感覚からするとあり得ないことも平然と起こるので、懐を広く、相手に合わせてのんびりとやっていけばいいと思いますよ。

 

そういったマイナスの部分を差し引いても有り余る魅力を彼らは持っているので、憎めなくて大好きなんです。

 

 

今日オススメの一曲は

 

Moving On and Getting Over/John Mayer

 

John Mayer - Moving On and Getting Over (Audio) - YouTube

 

 

旅する理由、できない理由。そんなことよりまずは旅に出る

f:id:hiro1991blog:20170627005602j:image

 

こんにちは、ばたきちです。

今フィリピンにいます。

 

 

 

なぜかって?

 

 

 

旅にでました。

 

 

 

予定では

 

フィリピン

シンガポール

ドバイ

ハンガリー

オーストリア

ドイツ

フランス

タイ

 

を訪れます。

 

 

旅とは言ってもひと月の予定なのであんまり長期ではないんですけど。

 

 

ちなみに写真はフィリピンが誇るハンバーガーチェーン『Jollibee』です。

 

 

フィリピン留学時、最初の担任のひとりだった先生の授業で、

 

先生「Jollibeeにはもう行った?」

 

ぼく「え?なにそれ?」

 

先生「じょぉおおぉりびいぃぃぃ!!」(変なトーンと変なポーズ付き)

 

ぼく「…」(対応できず)

 

 

あの時のことは忘れられないです。

 

 

後から聞くと、そんなJollibeeのCMがあったみたいです。

 

 

 

そもそも旅とはなんなんでしょうか?

 

デジタル大辞泉によると

たび【旅】 
1 住んでいる所を離れて、よその土地を訪ねること。旅行。「かわいい子には旅をさせよ」「日々―にして―を栖 (すみか) とす」〈奥の細道


2 自宅を離れて臨時に他所にいること。「あるやうありて、しばし、―なる所にあるに」〈かげろふ・上〉

 とあります。

 

 

つまり自分の住むまちを離れ、どこかを訪れていれば、それはもう旅だってことなんですかね。

 

期間がたとえ日帰りであっても、1年であっても変わりはないと。

 

 

加えてこんな補説もありました。

2015年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2015」キャンペーンでの「旅」への投稿から選ばれた優秀作品。

 

◆心に栄養をくれるもの。
みみさん

 

◆行く時はうきうき、帰ってきた時はくたくた、でもまたわくわくしてくるもの。
Kouheiさん

 

◆日頃の自分とは違う、心の奥底に眠っている自分を思う存分解放させてあげる時間。
ぷくさん

 

◆不足している何かを求め行動すること。何かとは旅によって異なり、それが意外なものである場合や、見つからないことなどもある。
kamekoさん

 

◆異邦人の舌。海外旅行中など日本を遠く離れると、日本食が恋しくなったり、特別に美味しいと感じること。
ひのもとさん

 

◆実際に、あるいは想像上で、時間と空間の移動をすること。元のところに帰ってくることが前提になっているので、移動したまま戻らないことは旅とは言わない。
らんるるさん

 

◆本当の自分なるものを見つけるためではなく、自分が変わっていけることに気づくためなされる試行錯誤。
パスキュラさん

 

◆想像を働かせ、感じること、触れること、見つめること、澄ますこと。そして、受け入れること。
ゆずさん

 

◆普段の生活とは異なる環境に身を置き、人と出会い、その土地特有の空気に触れることによって、新しい価値観や視点を得ることができ、これまでの自分を振り返り、これからの自分への活力となるきっかけを与えてくれるもの。
daisukeさん

 

これを見ると、何かしらの目的があって旅をすると。でもそれは具体的になにか目に見えるものごとを得るためではない。

 

精神的な充足だとか心の部分に強く係るものだととれる。

 

 

ぼくが考えるなら、

 

どこかでなにかを実際に体験すること。

 

じゃないかと思います。

 

 

楽しいことはもちろんあるんだけど、その反面、辛いこと苦しいこと悲しいことにもたくさん遭遇するからそれもひっくるめて。

 

 

修行のようなものとも言いかえられるかもしれないですね。

 

 

 

でもこれは完全に人それぞれで違ってくるんでしょうね。

 

 

例えば、旅をする目的が世界中に友達を作ること!って人の場合だと「旅」の定義は

 

人と出会うこと

 

になるでしょうね。

 

 

観光地を巡りたい!って場合ならキレイな・素敵な景色や建造物を観ることになるのかな。

 

 

ぼくは何を目的とせずに道中をゆるゆると楽しみたい派です。

 

 

 

人それぞれだから肯定も否定もしない。

 

 

 

 

どこにいようとなにをしていようと、ぼく達はみんなそれぞれの旅の道中にいるんです。

 

そう、人生という旅の。

 

 

 

 

いやーきれいにまとまった!←え

 

 

 

結局、むずかしいことは考えずに、旅をしたいとき、時間があるときに各々が思う旅をしたらいいと思います。

 

仕事がー、お金がー、といった問題がつきものだから難しいところでしょうけどね!それはなんとかするしかない!

 

 

 

 

 

今日のオススメは、今年一番聴いているであろう曲で、

 

On Hold/The xx

 

On Hold

On Hold

 

ほなね。

Spotify使い始めると辞められない


f:id:hiro1991blog:20170617222603j:image
 

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

 

利用している方は当然知ってるでしょうけど、Spotifyめっちゃ便利ですよねー。

 

www.spotify.com

 

  

 日本でのサービス開始は2016年9月と、欧米各国からはだいぶ遅れてのスタートでした。

 

ぼくが使い始めたのはオーストラリアにいた時で、働いていたカフェの同僚のオージーガイが、Spotifyを使って店の音楽を流していたんですよ。そして結構僕の好きな曲がかかってたんです。

 

じゃあ使ってみるかなということで無料版から使い始めました。

 

そしたらまあ、すごいねー、便利だねーとまんまとハマりまして、広告がウザかったのですぐ有料プランに移行しました。

 

チャートとか色んなプレイリストはもちろん便利だったんですが、1番気に入っていたのはDiscover機能です。

 

試聴履歴からアルバムとかアーティストをオススメしてくれるんで、いい曲の発掘が捗る捗る!「こ、これぇェェェェ!!こういうの探してたんだよょョョョォォォォォォ!!!」てな出会いがエブリデイだったんです。

 

 

 

だがしかし!!

 

 

 

帰国時に、今まで支払いに使っていた現地の銀行口座は解約したので、支払い方法を日本のクレジットカードに設定し直したんです。

 

すると次の料金引き落とし日…

 

 

オーストラリア版から日本版のSpotifyに強制切替!!

 

 

 

え、トップに出でくるプレイリストの内容、邦楽ばっかりやん…

 

だとか

 

Discover機能が消えとるぞーーーォォオオオオォォ!!?

 

 

 

僕の中で音楽に関してはSpotify一強時代に突入してたので泣きましたよね。

 

 

 

「ゆ、ゆるさん…!許さんぞおおォォォォォ!!スポティファイ ジャパァァァン!!」(最後だけ郷ひろみで)

 

 

そんなもんだから、Apple Musicに乗り換えようかなと無料体験はしてみたものの、億千万の胸騒ぎはしなかったので、

 

普通にSpotify使い続けてます。

 

それでもやっぱり便利なんですわー。

 

 

ちなみに日本版もDiscover機能あったみたいだけど、なぜかすぐに無くなってしまったようです。まじで過ち。

 

なんとか復活させて欲しいです。

 

 

とはいえ

楽曲数はハンパじゃないですし、

 

Daily mixとかRelease Radarだとか自分向けにカスタマイズされたプレイリストも自動で生成してくれるので、満足はしてます。ありがてぇ。

 

最近はRadio機能もやっとこ使い始めて、

 

 

「な、なんだ…スポティファイ ジャパンくんも結構…やるじゃん!(はーと」

 

 

と、ツンデレ発揮してしまいました(逆に聞きたいけどこれツンデレ?)

 

 

総合的にはオススメできるサービスなのでぜひ無料版からでも試してみては?

 

無料版ならクレジットカードの登録も要らないのは何気にアドバンテージですね。

 

 

最後に最近聴いてる曲をひとつ。

 

A Million Miles/mansionz

 

A Million Miles

A Million Miles

  • mansionz
  • R&B/ソウル
  • ¥250

 

 

そんな感じで、ほなまた。

慢性的に鼻詰まりの人はオーストラリアに行けばいいと思うよ

アレルギー性鼻炎の僕が通りますよ。

ヒロです。

 

アレルギー性鼻炎だと診断されたのは中学生の頃。それ以降は耳鼻科を受診してないので、実際のところ現在の状態はよくわからないんですけど、

 

 

ものすごい鼻詰まりなんです。

 

 

何が辛いって、寝る時ですよね。 

 

横になると余計に鼻の通りが悪くなるのか、普段よりも苦しくなって、なかなか寝つけない。

 

でも、前からこんなにしんどかったっけ?と思うわけです。

 

すくなくともここ2年間、オーストラリアに滞在してたころはこんな感覚もなく、毎晩ぐっすり眠ってました。

 

 

じゃあなにが問題なのか?

 

 

花粉?いやもう花粉の季節も終わった。

 

 

ストレス?いやストレスなんてオーストラリアにいた時のほうがよっぽどあった。

 

 

食生活?いやむしろ規則正しくなった。

 

 

 

だとしたらやっぱり『空気』の問題ですよね。airのproblemてすよ。

 

 

オーストラリアに行って最初に驚いたことのひとつが、空気の乾燥だったんですね。

 

体感としてなんとなーく、カラッとしとるなー、気持ちいいなーと感じることも多少はありましたけど、一番のバロメーターになったのは、

 

 

 

鼻くそがカッチカチに固まる

 

 

 

ってことでした。

 

 

カルチャーショック(?)です。

 

 

鼻の中に違和感があるなと、なんならちょっと痛みを感じつつホームステイ先に戻り、シャワーを浴びながら鼻くそをほじった時の衝撃は大きかった。

※アイドルも鼻をほじる時代、ぼくも鼻くそくらいほじりますよ。もし幻滅させてしまったのならごめんね。

 

 

「え、うそ!?こんな固まる??鼻の中カッピカピやん!!カッピカピやで!!!」

 

 

そして、内側にこびりついた鼻くそを剥がすのは結構快感なんですよ。これには全人類が満面の笑みで優しく頷くことで同意を示してくれると思います。

 

 

そんなこんなで、オーストラリアにいる間、毎日シャワー時の乾ききった鼻くそ除去は暗黙の了解的に日常の一部になりました。

 

 

そんなにも乾燥しているってことです。しかも季節問わず。

 

だからオーストラリアでは鼻詰まりで寝苦しいなんてことは全くなかったんです。これはすごい。全鼻詰まりの方はオーストラリアに移住しましょう!と声を大にして言いたい程です。

 

そんな環境からの日本だからか、前にも増して鼻詰まりが気になる。

 

つまり(※鼻詰まりだけに)、、

 

 

これなんとかならんのかー?

 

 

はい、耳鼻科の先生に相談しろよって話ですよね。わかってます、わかってるんです。

 

 

ぼく医者嫌いなんですよね。

 

 

 

【第2類医薬品】アルガード鼻炎クールスプレーa 15mL

【第2類医薬品】アルガード鼻炎クールスプレーa 15mL

 

 こういうのって効き目あるんてすかね?←さっさと医者行け

 

 

 

最後に、最近気に入ってる曲でも紹介しておきましょうかね。誰得か知らないですけど。てゆうか完全に僕得の自己満足なんですけど。

 


f:id:hiro1991blog:20170613000316j:image

 

Jalen SantoyのForeplay

 

Foreplay

Foreplay

  • Jalen Santoy
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 

人見知りは直さなきゃとか思っていたけど、割とどうでもいいんじゃない?

f:id:hiro1991blog:20170611223157j:plain




はあちゅうさんのツイートをみて思ったこと。


ぼくは、まあ人見知りなんですよ。

最近はマシになってきていると、自身を持って言えはしないまでも、ぼくも26才になり、それなりの社会性も身につけてきているとは感じます。いやそう思いたい。


もともと口数はかなり少ないほうで、まだ付き合いの浅い人からは誤解されることも少なからずあります。


初めましてのかたに対しては、ある程度こちらから質問したり話を振ったりするんですけど、たくさん話すと疲れてしまうので、会話は基本的に聞く側にまわり、相手に喋ってもらいます。これは良くも悪くもですね。


仲良くなると、ぼくの発言量も少し増え、口が悪くなります。

口が悪くなるといっても単純にディスったりするんではなくて、鋭めのツッコミを入れたりするたぐいのもので、笑いをとることに重きを置いているんですね。


笑いはとりたいんですよ


でもあんまり喋りたくない


そんなジレンマを抱えながら、なんとかかんとかやってるんだな。と書きながら整理されてきました。



完全に変なやつですね。

ぼくのような他人がいたら、友達にはなりたくないタイプであるのは間違いない。


まあそんなぼくでも、決して多くはないですけど仲のいい友達はいるんです。

それはどんな人たちかと改めて考えてみると、「コミュ力の塊かよ」って人から、「ひとりの人としてそんなんで大丈夫なの?」って人までいますけど、やっぱりどこかしら共通項があるんです。

「価値観が近い」というありきたりな言葉でくくってしまっていいかどうかは疑問ですけど、ぼくたちを繋げているものが何かしらあるんです。




はあちゅうさんのツイートをみて、

こんなぼく、ありのままのぼくでも受け入れてくれるこんなに楽しくて素敵な友達がいることは幸せだなと。人見知りでいることは別にそう悪いことじゃないのかなと、そう思いました。


今の時代変化が激しく、それに伴って旧態依然とあった「こうあるべき論」がいろいろなところで崩れてきているのはありがたくて、ぼくたちはいい時代に生きているんですよ。


だから自分たちも縛られずに変化をしていかなければいけない部分だってあるので、自分の頭でしっかりと考えて動いていかないとですね。



きっちりしたまとめ方なんてできないですねー。まあ今日はこんな感じで。


ちなみに写真は吉野ケ里歴史公園に行ったときのもの。彼の心の深い闇が見られるようないい写真が撮れました。

いつの間にかGoogle フォトがすごい進化していた。顔認証の精度スゴっ

photos.google.com

 

ぼくは基本的にGoogleフォトを写真のバックアップとして利用しています。

 

Wi-Fi接続時に自動でアップロードにしておくと、スマホで撮影した写真も簡単にアップできるので便利です。

 

加えてスマホを機種変したときであっても、以前の写真データにGoogleフォトからアクセスできますし、必要であれば端末に保存もできます。

 

 

ただあくまでもバックアップ用として利用していたので、Googleフォトアプリを起動することが暫くなかったんですが、この前久しぶりに起動してみたら、バージョンアップによってものスゴい進化を遂げていました。

 

 

まずなんといっても顔認証の精度がハンパなく高い!

 

 

全画像の中から特定の人物の写っている写真のみを抽出してくれてるんですが、精度はほぼほぼ完璧です。例えば自分であれば、自分の写っている写真のみのアルバムを勝手に作ってくれています。

 

ある友達の写真を検索したいという場合であっても、人物ごとにアルバムが自動作成されますし、「この人は〇〇さんです」と一度タグ付けさえしてしまえば、名前での検索も可能です。

 

 

 

え、この写真にはこの人写ってないけど....

 

 

 

 

いやまて....

 

 

 

 

 

ちっちゃく写っとるーーーーー!!!

 

 

 

 

となるほどです。

 

 

また撮影場所ごとにもアルバムを作ってくれるので、旅行の際撮った写真の管理とか見返すのにも便利です。

 

 

 連射で撮影した写真でgifを作ってくれたりも意外と楽しい。

 

 

 

 

 

色んな機能があるので新しい楽しみかたがあっていいですね。

 

こういう技術を嫌がる人はとことん嫌がりそうですけど。。

 

 

cakesで連載されているカレー沢薫の「ブス図鑑」の圧倒的な表現には脱帽

どうも、ヒロです。

 

cakesって知ってますか?

最新記事は基本的に無料、週150円払えば過去の記事12,000本以上が読み放題のサービスで、noteと姉妹サービスでもあります。

cakes.mu

 

 

ぼくが毎週地味に楽しみにしているのがそこで連載されてる「ブス図鑑」でして、カレー沢薫さんの言葉がキレッキレなんですよ。

 

連載タイトルの通り、様々な種類のブスに対しての考察をされてるんですけど、言葉のチョイスや表現・例え方がすごくて、いつも笑わせてもらってるんです。

 

少しだけ今週の記事から引用させてもらうと

 

夏である。
ブスに限らず、多くの女がこの季節のために、ちょっと前からダイエットや脱毛を始めていると思う。

その理由は水着を着るためだったり、水着を着る予定はないが、いつ海に誘われてもいいように、だったりする。後者の場合、成功率は銀行預金の金利以下であるが、とにかく夏の装いに耐えうる体にしようとするのだ。さもなくば、周りの人間の目が耐えなくてはいけなくなってしまう。

 

例えば、しゃらくさいデザイナーズブランドの服というのは基本的にサイズに幅がない。まるで、デブに用はないと言わんばかりだ。そんな驕り高ぶった布きれに対し、デブス様は「無理やり着る」という鉄槌を下してやっているのである。

「あたしはオシャレ服なんで、伸縮性なんてないですよ」などとぬかしている服を、「やればできるじゃねえか」というぐらい伸ばして着ていらっしゃるのだ。
もし、それで服が破れたとしても、デブス様が悪いわけではない。服の方が「器じゃなかった」だけだ。

珍妙な格好の個性派ブスは、服の方がドブス様の顔の個性に負けている|ブス図鑑|カレー沢薫|cakes(ケイクス)

 

 

すごい点は、ただブスを貶しているんじゃなくて、リスペクトだとか愛を感じるところですね。

 

ぼくもこんな面白い文章が書けたらなと、ある種の憧れを抱いています。

 

 

これ以外にも面白い連載が多いのでcakesはなかなかオススメですよ。

 

 

ではまた。

 

 

ワーキングホリデー、オーストラリアで仕事を探す。掲示板とレジュメ配り

ヒロです。問題という問題はないけれど、俺、これでいいの?という気持ちをぬぐえないヒロです。

 

なんというか、もっと色々な体験をするべき。

 

最近はバイトと料理ぐらいしかしてないんですよね。そのバイトでも料理してますから、どんだけ料理すんねん!ですよ。

 

もっとたくさんの人に会って遊びたいですわー。

 

さらに言えば、、

 

 

 

ドキドキしたい。

 

 

 

今のぼくに足りていないのは「ドキドキ」だなと思っている次第でございますけど何言ってんだ。笑

 

 

 

はいでは、オーストラリアでの仕事の探し方についてです。

 

これはよっぽどリッチでないと避けては通れないですからね。

 

僕が実際に行った仕事探しの方法は二つで、

 

まず

ネットの掲示板などを利用する

 オーストラリアにワーホリで来た人ならもれなく利用するであろうサイトがGumtreeです。

www.gumtree.com.au

 

仕事探しから部屋探し、車や日用品の購入などができるクラシファイドサイトです。

 

ぼくはこのGumtreeを中心に仕事探しをしていました。今ぼくが働いているカフェの仕事もGumtree経由で見つかりました。

 

難点?としては全て英語だという点や、日本以外の各国からワーホリにきている人・オーストラリア国籍の人も利用しているので競争率が高いです。求人の広告が出されてからたった数時間後に電話をかけたのに「もうそのpositionはnot availableだ!」と言われることもしょっちゅうでした。

 

ですのでよさそうな仕事を見つけたときは、即応募をおすすめします。

 

よっぽどのスキルや経験がある人でなければ、ほとんど返信も返ってこないのでひたすらレジュメを送り、数で勝負しましょう。

 

仕事への応募方法は

  • 指定のメールアドレスにレジュメを送る
  • 携帯に電話もしくはテキストを送る
  • Gumtreeの応募フォームから連絡する

 

ぼくは応募の際、メール本文にカバーレターのような文章を、そしてpdfファイルにしたレジュメを添付して送っていました。

 

 

そのほか使えるサイトを挙げると

 

nichigopress.jp

 

www.dengonnet.net

 

www.gogomelbourne.com.au

 

伝言ネットとGo豪メルボルンは、メルボルンに特化しています。

 

他の地域でもそれぞれ日系サイトはあります。ジャパレスでもなんでも働ければOKであれば、こういった日系サイトを利用すればすぐに仕事は見つかると思います。

 

 

直接レジュメを配り歩く

 原始的ですが、直接レジュメを配るという方法です。

この方法は、オーストラリアでは割と一般的なようです。

 

街を歩きながら、よさげなお店を見つけたらそのまま突入、もしくはあらかじめ目星をつけていたお店を回りレジュメを渡します。

 

このとき確率を上げるためにしたいのが、オーナーもしくはマネージャーに直接レジュメを渡すということです。そうすれば簡単な質疑応答もその場で行えますし、現在ひとを雇っているかどうかも分かりますので。

 

でもこの方法、なかなかしんどいんですよね笑

なので精神修行にはもってこいかと。

 

 

その他の確実性が高い方法に、友達から紹介してもらうという選択もあります。オーストラリアでコネはかなり強力ですので、そういった人的ネットワークがあればためらわず使っていった方がいいです。

 

 

まとめ

仕事探しって大変ですよね。。笑

 

ぼくは精神的にかなり消耗しました。でもこの物価の高いオーストラリアで生活していくのに仕事はほぼ必須なので、頑張りましょう。

 

自分が求めているものが、お金なのか、経験なのかなど明確になっていれば少しは楽な気持ちでまっすぐ突き進めるかもしれないですね。

 

ではまた!

タンブラーに炭酸水。

 

なんだか最近、お菓子などで口を動かしていないとそわそわしてしまいます。ヒロです。

 

なんですかこれ。ストレスですかね?もしくは体がもっと沢山のエネルギーを求めているとか?

 

最近のぼくの食事はというと

続きを読む

歯磨き粉のおいしい・おいしくないは大事

ヒロです。今使っている歯磨き粉がまずくて辛い僕です。

 

今の歯磨き粉を使いだしてから既に一月半ほど経ってはいるんですけどね。

捨てて新しいのに買い替えるのはさすがに勿体ない。。

続きを読む